VRとPremier











最近巷で話題のVR(Virtual Reality)とは一体何なのだろうか? 2016年の1月にはOculus riftが発売され秋にPlaystationVRが発売された。
VRはバーチャルリアリティの略で、人間の感覚器官に働きかけ、現実ではないが実質的に現実のように感じられる環境を人工的に作り出す技術の総称である。勘違いされがちではあるがVRは最近話題のヘッドマウントディスプレイのような視覚に作用する物だけでなく、他の聴覚、味覚、触覚、嗅覚の五感にも作用するものも同様に指している。
またVRを語る上で欠かせないのがAR(augmented reality)で、拡張現実と呼ばれている。これは例えばVR(バーチャルリアリティ)では、仮想の部屋に居て、仮想の椅子に置かれた仮想のクッションを見ているかのような五感情報を人に提示するのに対し、拡張現実では人が実際に居る現実の部屋の椅子の上に、仮想のクッションが置かれているかのような情報提示を行う。
また商用の観点からするとインターネットの延長線上に位置するような技術で、そこまで何かが劇的に変化する事は無いだろうが、今後医療やエンターテイメントを始めとした様々な分野で活躍するように思う。

VRの未来をわかりやすくまとめれば以下のようなる。
①VR/没入感を上げる為、身体性を上げる試みが必要
・oculusとleep motion の組み合わせ
・映像の下の方に鼻を入れることで、VR酔いを起こさせない
・立体音響との連動
など。VR空間上に自分の体の動きと同じように動くCGなどを入れることでVRに於ける違和感をなくし、より没入感を上げることができる。さらに、VRの映像でその身体性を仮想的に拡張できる。ex エクス手 (東大)

②商用におけるVRの層の変化
・youtube の360:https://www.youtube.com/watch?v=a5goYOaPzAo
・ホコスコ:https://www.youtube.com/watch?v=Zh3Mkf-srdI

playstation VRなどのようにVRが各世帯に入ってくる
・それにより、コンテンツの多様化
・ARのような現実拡張のような機能とVR














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です