Amazon期間限定セール!開催中👉

Ryzen 4600G,4500,4100性能比較ベンチマーク AMD 4000シリーズ 低価格エントリーモデルCPU

Ryzen 4000シリーズ

AMDの新4000シリーズは低価格エントリーモデルのCPUです。AMDの現行モデルのCPUのアーキテクチャーはZen 3ですが、この4000シリーズはZen 2 CPUコアとRadeon RX Vegaグラフィックスエンジンを搭載したZen 2  Renoirを採用しています。

Ryzen 5 4600GRyzen 5 4500Ryzen 3 4100が追加される型番です。

Ryzen 4000シリーズのスペック

今回追加されるモデルのスペックを表にしました。比較対象としてRyzen 5 5500、Core i3 12100のスペックも載せてあります。

CPU型番 コア/スレッド ベース ブースト TDP 内蔵GPU L3 キャッシュ
Ryzen 5 5500  6 / 12 3.6 4.2 65W 16MB
Ryzen 5 4600G  6 / 12 3.7 4.2 65W Radeon Vega 7 8MB
Core i3 12100 4 / 8 3.3 4.3 89W Intel UHD Graphics 730 12MB
Ryzen 5 4500  6 / 12 3.6 4.1 105W 8MB
Ryzen 3 4100  4 / 8 3.8 4.0 65W 4MB

Ryzen 4000 CPUにはすべてWraith Stealthボックスクーラーが付属します。またZen 2  Renoir CPUであるため、PCIe 4.0のサポートは無く、20レーンのPCIe 3.0しかサポートしていません。

Ryzen 5 4600G

Ryzen 5 4600Gは内蔵GPUが搭載されているモデルです。スペックは6コア12スレッド、キャッシュもL3が8MB、L2が3MBです。クロックはベース3.7GHz、ブースト4.2GHzで、TDPは65W。内蔵GPUはVega 7となり、最大1.9GHzのクロックを持つコンピュートユニットが7基搭載されています。
この製品自体は最新のものではありません。すでに2020年7月からOEMとしてリリースされています。Intelにシェアを奪われてしまった低価格帯のデスクトップCPUの穴埋めのための新発売となります。
このモデルは定価154ドル(約18400円)で、定価159ドル(約19000円)5500よりほんの少し安いだけです。しかし4600Gは220ドル(約26000円)の5600Gよりも安い価格帯で統合型グラフィックスCPUを発売することになり、3400Gが製造中止になってからは、これが最安となります。

Ryzen 5 4500

Ryzen 5 4500は、4600Gから統合グラフィックスを無効化し、6コア12スレッドのCPUのクロックを100MHz下げたものです。定価129ドル(約15400円)で販売されており、同じ価格帯のIntelの12100と対立する形になっています。12100はPコアが4つ、Eコアが0つで、Zen 2の6つのCPUコアに対抗するクアッドコア設計になっています。ゲームでは3600よりも12100の方がかなりの差で速いことが実証されており、4500も3600ほどの速度は出ないでしょう。しかしマルチコアを多用する使用方法では、Zen 2の6コアの方が速いので、どんな目的でPCを使用するかによって、AMDとIntelを選択するか判断が分かれます。

Ryzen 3 4100

Ryzen 3 4100は4コア、8スレッドのCPUでL3キャッシュはたったの4MBです。これも4500と同じくグラフィックス機能は省略されており、クロックはベース3.8GHz、ブースト4.0GHz、TDPは65Wです。定価は99ドル(約11800円)で、10100Fの現在販売されている価格とほぼ同じです。10100Fと比較して4100の有利な点は、パーツの互換性においてまだ将来性があるということです。4100を使用できるAM4マザーボードは、後からハイエンドCPUである5950Xにアップグレードしようと思えばできます。しかし10100FはLGA1200ソケットで設計されており、12世代目からLGA1700ソケットに変更されてしまったので、Intelの新製品を使い続けることはできません。

まとめ

この4000シリーズはIntelに奪われた低価格帯のシェアを取り返すために発売されたシリーズです。価格を抑えるためにCPUは前世代のZen 2アーキテクチャーが採用されており、性能は物足りなく感じます。

Ryzen 5 4600Gは内蔵グラフィックを搭載したAMDにおいて最安のCPUになりますが、GPUの性能は必要最低限であり、CPU性能においては、このZen 2よりZen 3が圧倒的に良い性能なので中途半端な印象を受ける製品です。

Ryzen 5 4500Ryzen 3 4100はGPUが内蔵されていないためグラフィックカードを別に用意する必要がありますし、PCIeも20レーンのPCIe 3.0しかサポートしていません。もともと手元にあるGPUを再利用すれば良いかもしれませんが、新しいGPUをこのCPUのために買うのは少しためらってしまうかもしれません。

これらの商品は、4月4日に発売予定です。

参考
https://www.youtube.com/Monoras/
https://www.techpowerup.com/
https://www.tomshardware.com/

関連記事
  1. 自作PC予算別まとめ20選!見積もり,作り方,組み立てをプロが解説…https://artjuku.com/pc-make/
  2. おすすめ最新CPUと選び方…https://artjuku.com/cpu/
  3. CPU比較表…https://artjuku.com/cpu-compare/
  4. おすすめ最新GPUと選び方…https://artjuku.com/gpu/
  5. GPU比較表…https://artjuku.com/gpu-compare/
  6. マザーボードおすすめ,選び方…https://artjuku.com/board/
  7. SSDおすすめ,選び方…https://artjuku.com/ssd/
  8. モニタ,ディスプレイ選び方…https://artjuku.com/monitor/
  9. PCメモリおすすめ,選び方…https://artjuku.com/memory/
  10. CPUクーラーおすすめ,選び方…https://artjuku.com/cooler/
  11. PCケースおすすめ,選び方…https://artjuku.com/case/
  12. 電源ユニットおすすめ,選び方…https://artjuku.com/unit/
自作PC予算別まとめ20選!見積もり,作り方,組み立てをプロが解説CPUおすすめ人気ランキング厳選20選!2022年9月最新版CPU比較表,性能ベンチマーク2022年9月最新版GPUおすすめ人気ランキング15選2022年9月最新版(グラフィックボード,ビデオカード)プロが厳選GPU,グラフィックボード性能比較表,ベンチマーク2022年9月最新版!ビデオカードマザーボードおすすめ人気ランキング35選!2022年9月最新版Intel,AMD Ryzen性能比較SSD,M.2SSDおすすめ人気ランキング厳選25選,2021年版!SSD比較と価格PCモニター,ディスプレイおすすめ価格,比較,選び方|2020年最新版メモリー,PCメモリおすすめ人気ランキング厳選25選!2020年最新版,DDR4,8,16,32GBCPUクーラーおすすめ人気ランキング25選!プロが厳選2021年最新版!性能比較PCケースおすすめ人気ランキング25選,プロが厳選2022年9月最新版!性能比較PC電源おすすめ,性能比較!選び方のコツ2021年最新版