Amazon年1度ブラックフライデー・サイバーマンデー開催中👉

AMD Ryzen 5 1600AFの性能,旧2600,Intel 9100Fとの比較

Ryzen 5 1600AFが5月16日の朝から発売開始となりました。価格は11000円前後。在庫数は国内に豊富に入ってきており、店舗で購入可能。ネットショップでも17日辺りから発送になる見込み。

Ryzen 5 1600Fのコスパと価格

突如として新型Intelの発表に合わせて発売されたAMDのロークラスCPUです。コスパとしては素晴らしく過去に猛威を振るったRyzen 2600の、少し性能を落としたようなCPUで6コア12スレッドはそのままです。
構造的には旧式のままなのでPCIe4.0は使えないです。この辺りは割り切ってB550やX570を選択肢から外して安価で組むことを前提とした方が良いでしょう。

しばらく経って1万円を切ってくるとかなりコスパが高いCPUとなります。

Intel優位だったローエンド帯にぶつけて作られたようなCPUでライバルはCorei3 9100F辺りになります。シングルコアでは負け、マルチコアでは勝っています。Corei5 9400Fのマルチコア性能よりも上なので、この辺りはRyzen 2600の長所を受け継いでいます。明確に用途別に分けてこの辺りのシェアにぶつけられており、ゲーム向けと言うよりかは安価でPCを構成してテレワークや動画レンダリングを行うクリエイター用途では相当コスパが高いです。ゲーム向けでもIntelがモデルチェンジをして安価帯で自作PCを作る事がしばらく先になるので、とにかく安価でそこそこのゲーム環境を作りたい!と言ったニーズには役立つCPUです。

TDPは優秀で65W。L2キャッシュが3MBでL3が16MBです。この辺りは最近1.5万円ほどで売られているRyzen 5 3500と同じような性能です。また嬉しい事にこの値段でCPUクーラーが付属しているのでコスパ良く自作PCを作るには最高と言えるCPUです。

Ryzen 5 1600Fの性能とIntel Corei3 9100F,Ryzen 2600の比較

画像はAMDの公式サイトから。このRyzen 2600の下くらいに丁度Ryzen 5 1600AFが位置します。

シネベンチR20(レンダリング性能)

Ryzen 5 1600AFCorei3 9100Fのレンダリング性能は、シングルではCorei3 9100FマルチコアではRyzen 5 1600AFの方が強いです。またマルチコア性能は上位のRyzen 5 3500よりも高いです。シングルコアが弱いと言われた前世代からの流れはそのまま受け継いでいますが、このマルチコアの強さと将来的に1万円を切りそうな価格設定なのでコスパは高いです。

また旧Ryzen 2600辺りと比較するとシングル、マルチ共に少し負けている事が分かります。

3DMark(ゲーム性能)

このベンチマークになってくると3Dの演算処理のような部分が優先されるので、この場合はIntelを上回っています。ただ、これはプレイするゲームタイトルによっても全く変わってくる指標なので一概には言えません。ゲームのこのクラスを比較した場合、ややIntelの方が性能が高い傾向になります。

PassMark(処理性能)

パスマ―クという処理性能を計測するベンチマークのスコアです。Ryzen 5 1600AFは1.1万円の安価帯ながらRyzen 5 3500と同じ19MBのキャッシュ構造を有しています。また6コア12スレッドもあるのでマルチコアを生かした処理性能はCorei5 9400Fよりも高いスコアになります。

Ryzen 1600AFと3500,3600,3900X,3800X,3700X,の性能比較

型番
コア スレッド クロック ターボ L2
キャッシュ
L3
キャッシュ
TDP 値段
Ryzen 5 1600AF 6 12 3.2
3.6
3 MB 16MB 65W 11000
Ryzen 5 3500 6 6 3.6 4.1 3 MB 16MB 65W 14000
Ryzen 5 3500X 6 6 3.6 4.1 3 MB 32 MB 65W 20000
Ryzen 5 3600 6 12 3.6 4.2 3 MB 32 MB 65W 24000
Ryzen 5 3600X 6 12 3.8 4.4 3 MB 32 MB 95W 28000
Ryzen 7 3700X 8 16 3.6 4.4 4 MB 32 MB 65W 40000
Ryzen 7 3800X 8 16 3.9 4.5 4 MB 32 MB 105W 45000
Ryzen 9 3900X 12 24 3.8 4.6 6 MB 64 MB 105W 64000
Ryzen 9 3950X 16 32 3.5 4.7 8 MB 64 MB 105W 94000

Ryzen 5 3500Ryzen 5 1600AFを比較すると一番の違いはスレッド数です。用途に応じて選んでいくとどちらを選んでもコスパが高く、ただ1.1万円のRyzen 5 1600AFは安価重視の場合は魅力的なCPUになるのは間違いないです。

安価帯のCPUは既に発表されているRyzen3 3300XRyzen3 3100が既に発表されており、とくに+2000円ほどの価格でRyzen3 3100を購入することができるので悩む所ですが、シングルコア性能を重視するかマルチコア性能を重視するかで決めると良いです。

ゲームなどを特にやらず、テレワークや仕事、日常用途や動画制作などではRyzen 5 1600AFの方が良いです。また、とにかく安価で作りたい場合など。

個人的には+1.3万円くらい出してRyzen 5 3600で構成することをオススメします。何をするにしても困らない環境を構築することができます。ローエンド帯のCPUを使う場合は使う用途ごとに絞って選択すると間違いないです。この辺りを踏まえて自作PCを作りましょう。

自作PCにおけるRyzen 5 1600AFまとめ

今回新たに登場したRyzen 5 1600AFはAMDが明確に安価帯を狙いにきているCPUで性能面を含めたコスパはかなり高いCPUと言えます。安価帯を追求したような構成に役立ちます。

ただ設計が旧式の物なので最新の第三世代RyzenのようにPCIe4.0が使えないので注意です。使えたとしても今の所そこまで安価帯の構成にメリットは無いですが。
自作PCの選択肢を増やしてくれる素晴らしいCPUとなる事は間違いないでしょう。

関連記事
  1. 自作PC予算別まとめ20選!見積もり,作り方,組み立てをプロが解説…https://artjuku.com/pc-make/
  2. CPUおすすめ人気ランキング30選…https://artjuku.com/cpu/
  3. AMDの性能比較と選び方https://artjuku.com/amd-ryzen/
  4. GPU性能比較と選び方…https://artjuku.com/gpu/
  5. マザーボード性能比較と選び方…https://artjuku.com/board/
  6. SSD性能比較と選び方…https://artjuku.com/ssd/
  7. モニタ,ディスプレイ選び方…https://artjuku.com/monitor/
  8. PCメモリ性能比較と選び方…https://artjuku.com/memory/
  9. CPUクーラー性能比較と選び方…https://artjuku.com/cooler/
  10. PCケース性能比較と選び方…https://artjuku.com/case/
  11. 電源ユニット性能比較と選び方…https://artjuku.com/unit/
自作PC予算別まとめ20選!見積もり,作り方,組み立てをプロが解説CPU比較表,性能ベンチマーク2020年11月最新版CPUおすすめ人気ランキング厳選20選!2020年11月最新版AMD Ryzen プロセッサー人気ランキング!2019年最新版GPUおすすめ人気ランキング10選2020年11月最新版(グラフィックボード,ビデオカード)プロが厳選マザーボードおすすめ人気ランキング35選!2020年11月最新版Intel,AMD Ryzen性能比較SSDおすすめ人気ランキング厳選25選,2020年版!SSD比較と価格PCモニター,ディスプレイおすすめ価格,比較,選び方|2020年最新版メモリー,PCメモリおすすめ人気ランキング厳選25選!2020年最新版,DDR4,8,16,32GBCPUクーラーおすすめと性能比較!2020年最新版PCケースおすすめ人気ランキング20選,2020年11月最新版!性能比較PC電源おすすめ,性能比較!選び方のコツ2020年最新版