Amazon3日間限定タイムセール開催中👉

RTX 3080 ベンチマーク性能比較,おすすめ,2080Ti,RX 6800XTと比較

目次

RTX3080スペックまとめ



GPU プロセス シェーダー数 ベースクロック ブーストクロック メモリ VRAM PCIE 消費電力 推奨電源 補助電源(リファ)
RTX 3090 8nm 10496 1400MHz 1700MHz GDDR6X 24GB 4.0×16 350W 750W 8pin+8pin
RTX 3080 8nm 8704 1440MHz 1710MHz GDDR6X 10GB 4.0×16 320W 750W 8pin+8pin
RTX 3070 8nm 5888 1500MHz 1730MHz GDDR6 8GB 4.0×16 220W 650W 8pin
RX 6900XT 7nm 5120 1925MHz 2250MHz GDDR6 16GB 4.0×16 300W 850W 8pin+8pin
RX 6800XT 7nm 4608 1875MHz 2250MHz GDDR6 16GB 4.0×16 300W 750W 8pin+8pin
RX 6800 7nm 3840 1850MHz 2105MHz GDDR6 16GB 4.0×16 250W 650W 8pin+8pin
RTX 2080Ti 12nm 4352 1350MHz 1545MHz GDDR6 11GB 3.0×16 250W 650W 8pin+8pin
RTX 2080S 12nm 3072 1650MHz 1815MHz GDDR6 8GB 3.0×16 250W 650W 6pin+8pin
RTX 2080 12nm 2944 1515MHz 1710MHz GDDR6 8GB 3.0×16 215W 650W 6pin+8pin
RTX 2070S 12nm 2560 1605MHz 1770MHz GDDR6 8GB 3.0×16 215W 650W 6pin+8pin
RTX 2070 12nm 2304 1410MHz 1620MHz GDDR6 8GB 3.0×16 175W 550W 8pin
RX 5700XT 7nm 2560 1605MHz 1905MHz GDDR6 8GB 4.0×16 225W 600W 6pin+8pin

9月に発売となったRTX 3080。市場に早期投入され、秋葉原でも行列ができるくらい人気。入荷後即完売となる商品も多く、話題となりました。

販売価格は10万円~12万円程度のモデルが多く、MSIのトリオやASUSのTUF, GIGABYTEのGaming, Eagle 辺りが最も人気が高かったです。初回入荷分は入荷数も少なかった点も含めて、RTX 3090と同じですね。

構造は8nmに変わっており、前回のハイエンドRTX 2080TiからCUDAコア数が倍以上増加しています。またベースクロック、ブーストクロック共に上がっています。サイズも一回り大きくなっており、支え棒は必須。メーカーによっては支え棒が無い物の多いので注意しましょう。

さらに、今回からPCIE4.0に対応しています。消費電力はRTX 3080で320Wほどになるので、電源には注意が必要。500W程度の電源だと、少し負荷がかかるだけで高負荷時には確実に落ちます。必ず750W以上の電源を使用しましょう。ゴールドクラス以上が好ましいです。

RTX3080の実機開封レビュー

こちらはGIGABYTEのモデルでなんと、4年保証がつきます。嬉しい特典です。これに惹かれて買ってしまいました。

こちらはRTX 3090と比較したときのサイズ。GIGABYTEのモデルと比較すると、3090のパッケージは大きいですね。

こちらは旧ハイエンドのRTX 2080Tiとの比較です。実際のゲームを使って、どれくらいの性能差があるか、のちほど検証していきます。

 

箱を開けると、GIGABYTEの文字。

中には、4年保証の登録書と、クイックガイド。
この長期保証が魅力で、買ってしまいました!通常のメーカー保証は2年なので、+2年分伸びるのは嬉しい。
なお、購入後30日以内に専用サイトへの登録が必要です。買ったあとに忘れずに登録したいですね。

保証書などの下には、RTX 3080が鎮座しています。袋をかぶっていても、堂々の存在感。

初めて触った感想は、ハイエンドグラボという事もあって全体的にずっしりとした重量。片手で持つには怖い印象です。

デザインは思っていたより格好良く、面ごとに質感がザラザラ、ツルツル、金属感など印象が違い、重厚感や高級感あり。デザインも洗練されてます。

ちなみに写真では見切れていますが中央のファンと、左右のファンは回る方向が違います。これは「オルタネートスピニング」といって、空気の圧力を高め効率的に冷却するそうです。

RTX3080のサイズと特徴

RTX 3080の実機を使って性能やスペック、サイズ感等を比較検証していきます。このレビューは企業提供などは一切受けず、国内のお店に売られているRTX 3080の実機を11万円ほどで購入して、プロのPC店員がステマ一切無しで細かく比較検証しています。またベンチマークやFPS性能などもそれぞれRTX 3080RTX 3070の実機を使いながら、日本国内の電圧で最新環境を揃えて比較検証しています。

サイズ感は旧ハイエンドに当たる5700XTやRTX 2080Tiよりは一回り大きいです。なお、RTX 3080RTX 3090のサイズは各社同じ。NVLinkの有無くらいしか違いが無いです。

※写真は左から1650, 1660S, 5700XT, 2080Ti, 3080

RTX 3080を他の商品と比較してもよく分かる通り、分厚いです。
縦幅が10センチ前後、横幅が32センチ前後、厚みがそれぞれ5.3, 5.4センチ前後とそれぞれRTX2000シリーズの時よりは全体的に大型化しています。

RTX 2080TiRTX 3080がこの写真だけでは厚みの差が分かりづらいと思われるので、以下で紹介します。

なお、こちらも重要になると思いますが、写真を見ると分かる通り、確実に3スロットは専有します。

省スペースのケースではグラフィックボードの配置に難がありそうです。こちらも以下のケースの項目でお話します。

 

RTX 3080RTX 2080Tiと比較するとわかるのですが、厚みはデータ上5mmほどしか変わりません。しかし、実際は全体的に1cmほど太くなっている印象です。
ちなみにこれだけのサイズがあると、立てても一切グラつきがありません。

※写真は上から1660super, 2080Ti, 3080

横幅も写真中央のRTX 2080Tiと比較すると、実際4cmほど長くなっていて、大きさを実感しますね。ケース選びは慎重に行ったほうが良さそうです。
こちらも少し下でご紹介しています。

背面の基盤は覆われており、安全性が高いタイプ。右側のスペースに外付けファンを取り付ける事ができます。

コンデンサがむき出しになっていないので、複数回取り外しをする可能性があるひとでも安心ですし、万一干渉した場合の故障対策にもなります。
この辺りも商品購入の決め手になりました。

後述しますが、重量もかなりあるので、グラフィックボードのたわみ対策にもなります。

側面は向き出しになっており、5.3センチほどの厚みがある。
具体的には、上でご紹介したように約3スロットを専有します。
補助電源は8pin+8pin


端子類はDisplayPortが3つとHDMIが2つ。DisplayPortは、1.4aに対応しているので、4K/8K出力可能。HDMIは2.1対応です。

3090をRTX 3080と比較するとメーカーにもよりますが、玄人志向のRTX 3090はGIGABYTEの同モデルよりも厚みがある事が分かります。縦横は短い。
データシート上はほとんど差が無いように見えますが、実際開封して見比べると、違いがあることがわかります。
特に、一番右のRTX 2080Tiと比較すると縦横厚みが全て一回り大きい事が分かりやすいですね。RTX 2080Tiだと支え棒無しでもギリギリいけるラインですが、RTX 3080や3090だと支え棒は必須となってきます。

RTX3080とPCケースの相性マザーボードやケースに配置したときのサイズ感

GIGABYTEのRTX 3080だとATXのDefine Compact(一世代前のモデル)では、サイズオーバーでした。フロントのファンと干渉します。
M-ATXケースのThermaltake H17ではフロント側に余裕があり、余裕があるように配置できています。しかし、この写真で見るとわかりやすいと思いますが、若干重みで右側へ傾いているのがわかると思います。H17で利用する場合は短い支え棒が必要です。

サイズはRTX 3090とほとんど変わらないとはいえ、グラフィックボードのメーカーによって、このようなパーツの相性差があるので注意です。
なお、RTX 3090をSLI運用した場合のイメージなど、以下で少し紹介しますのでご参考程度にごらんください。

特に、ATXでもMicroATXでも、ケースを選んだとしても支え棒の設置が必須になるので、その分のスペースも考慮したいところです。

動画で使用したのは、長尾製作所のサポートステー。
ケース側は磁石で固定できるようになっているので安定性がある他、サポート部分はネジ止めになるので、自由に高さを変えることができる点で汎用性が高く、優秀です。作りもしっかりしているので、大型のケースで役立つでしょう。

ケース側が、磁石で固定できる材質であることは事前に確認が必要です。特に内側なので気にするかどうかは人次第ですが、引きずると傷になるので、その点も注意ですね。
なお、玄人志向のRTX 3080では、光るサポートステーが付属しますが、ケースの出っ張りや、耐久性を考えるとちょっと使いづらいです。

余談も余談ですが、長尾製作所といえばM.2のヒートシンクで有名になった印象があります。

RTX3080,3090とPCケースの相性マザーボードやケースに配置した時のサイズ感

 

 

ATXサイズのケースに玄人志向のRTX 3090を設置してみた所、ギリギリ納まりました。ケースはDefine Compact(一世代前のモデル)で、サイズがコンパクトなATXケースではフロント側のケースファンに当たってしまうケースが多いです。40センチの長さでギリギリ。最新のDefine 7 CompactだとどちらのサイズのGPUもうまく納まりました。ThermaltakeのH17辺りでも大丈夫だったので、ATXサイズのケースでもスペースに余裕があるモデルだと設置可能です。

RTX 3080はSLI非対応のため、写真のように設置することはあまり無いかも知れません。
より多くの複数画面対応にするため、別なグラフィックボードを設置する場合は、RTX30シリーズを並べてつけるのは、補助電源の取り回しや、エアフロー効率、ケース前面ファンとの干渉や、先に挙げた支え棒のスペースを考えると難しそうです

RTX3080の重量

RTX3080とRTX2080Tiの重量と比較

 

RTX 3080RTX 2080Tiと比較すると340g重量が増しています。
RTX 3090RTX 3080と同じくらいの重さなので、今までのGPUの中でも重い部類に入ります。

340gと聞くとイメージが湧きませんが、350ml缶の重さ、といえば結構な差があるとわかるのではないでしょうか?

(参考)RTX3090には固定器具や支え棒は必要なのか?

 

RTX 3090付属のGPU固定パーツとDefine Compactでは、ケースの出っ張りに阻まれて固定することができませんでした。またプラスチック製なので光はしますが、強度は弱いです。締めすぎると金属のようにはいかずに割れる可能性が高いです。

GIGABYTEのRTX 3080には付属していませんが、同じような形の商品を選ぶのは悪手です。

 

このような支え棒が必要となりますが、スペースの関係で使用できる支え棒は限られてきます。大きすぎる物は使えない事もあるので注意しましょう。

もしくは、大きめのケース(例えばCoolerMasterのCM694辺り)であれば、GPU用スタビライザーがケースに付属していますので、ケースを買い換えるのも方法です。
最も、ケースサイズがかなり大きいので設置場所は床置きになってしまいますが…。

RTX3080の性能と2080Tiとの比較,マザーボードを使って検証

ここからはマザーボードに接続して検証していきます。

検証機の主要なパーツは以下のとおりです。

  • CPU…Intel Core-i9 10900K (3.7GHz, 最大5.3GHz)
  • CPUファン…SCYTHE 虎徹 MarkⅡ
  • メモリ…G.Skill 8GB*2枚 (DDR4-2933) 合計16GBクロック数はメーカー保証の最大値
  • マザーボード…ASRock Z490 Steel Legend

 

RTX 3080未装着の状態がこちら。
ちなみに、Z490はPCI Express4.0対応のための強化スチールスロットが装備されていますので、PCIスロットの剛性も保たれていますが、やはり支え棒があるにこしたことはありません。

メモリも現状、DDR4-2933(PC4-23400)がインテル正式サポート上限のため、現時点では3200を選択するよりこちらを選択するほうが無難です。

CPUファンは虎徹を利用していますが、こちらのCPUの発熱を考えると虎徹が利用する最低ラインと考えています。リテールファンでは少々物足りない印象。

RTX 3080を装着し、セットして電源をonにするとこの状態です。
マザーボードに対してRTX 3080のサイズ感が大きいことがわかります。かなりはみ出している状態です。

GIGABYTEのRTX 3080はサイドの一部、ロゴが7色に光ります。
光り方は「RGB FUSION2.0」というソフトウェアを利用して変更できます。これはRGB FUSIONのロゴが搭載されている商品すべてがそうですね。

実際にマザーボードに設置してみると、RTX 3080RTX 2080Tiに対してマザーボードからはみ出している部分が大きい事が分かります。

さらにCPUクーラー虎徹のヒートシンク部分を見ると、一部が電源ケーブルで隠れているものの、RTX 2080Tiと比較してはみ出ている部分が少なくなっています。

縦横どちらもRTX 2080Tiと比較して大きくなっていることがわかりますね。

 

BIOS画面です。先に説明したように、CPUは10900K、メモリはCPUの保証帯域の最大値である2933MHzに設定。マザーボードはZ490 Steel Legendです。

実際、組み立てたあとはOSインストールや、GPUドライバのインストール作業などがありますが、ここでは割愛します。

GPUZの画面です。画像が小さくてわかりづらいかも知れませんが、リファレンスモデルのクロック数と比較して、高く設定されていることがわかります。

RTX 3090と比べると、ベースクロック、ブーストクロックはRTX 3080が少しに大きめに設定されています。またメモリはGDDR6Xとなっており、アップグレードされています。

RTX 3080は構造が2080Tiの12nm => 8nmになっているところが印象的です。
シェーダー数はRTX 2080Tiの2倍になっているので、この2点がどうベンチマークに反映されるのでしょうか?

RTX3080ゲーム性能16タイトルでFPS検証

平均FPSフルHD,2K,4K

  • 計測環境は上記と同様、マザーボードASRock SL Z490、CPUはCorei9 10900K、メモリGSKILL OCモデル 2933MHz固定
  • フォートナイト下降~室内~屋外~戦闘シーン、レインボーシックス通常ベンチ~屋内~戦闘、APEX訓練場~屋外~戦闘、ウォッチドックスレギオン通常ベンチ、PUBGCall訓練場~降下~屋内~戦闘、Call of duty、モンスターハンターなど以上の手順を踏まえて平均的なFPSを16タイトルで計測
  • フルHDと2K解像度ではプロゲーマーが最も使用する中設定で検証しています。ONとOFFなど二択しか選択肢がないものは低設定など負荷がかからない方を選択しています。
  • 4K解像度ではデフォルトの最高設定に合わせています。デフォルト設定が無いタイトルは負荷が最もかかる状態にしています。
  • 実際に実機を使って日本国内の電圧で検証しています。出所の分からない創作ベンチマークやコピペではありません。動画で一部実検証を公開中
型番 平均FPS
RTX3090
フルHD:310FPS
2K:250FPS
4K:121FPS
RTX 3080OC版
フルHD:305FPS
2K:248FPS
4K:117FPS
RTX 3070OC版
フルHD:290FPS
2K:230FPS
4K:103FPS
RTX 2080TiOC版
フルHD:285FPS
2K:228FPS
4K:102FPS
RTX 3060Ti
フルHD:282FPS
2K:217FPS
4K:95FPS
RTX 2080S
フルHD:278FPS
2K:214FPS
4K:91FPS
RTX 2080
フルHD:269FPS
2K:205FPS
4K:87FPS
RTX 2070S
フルHD:258FPS
2K:200FPS
4K:79FPS
RTX 3060
フルHD:254FPS
2K:195FPS
4K:70FPS
RTX 2060S
フルHD:247FPS
2K:188FPS
4K:68FPS
RTX 2070OC版
フルHD:241FPS
2K:190FPS
4K:65FPS
RTX 2060
フルHD:221FPS
2K:161FPS
4K:56FPS
GTX 1660Ti
フルHD:208FPS
2K:149FPS
4K:47FPS
GTX 1660S
フルHD:202FPS
2K:145FPS
4K:44FPS
RX 5500XT
フルHD:196FPS
2K:141FPS
4K:39FPS
GTX 1660OC版
フルHD:188FPS
2K:136FPS
4K:36FPS
RTX 1650(DR6)
フルHD:160FPS
2K:125FPS
4K:28FPS
RX 570
フルHD:155FPS
2K:122FPS
4K:25FPS
RX 560
フルHD:90FPS
2K:50FPS
4K:8FPS

 

最近の人気16タイトルで検証した平均的なFPSの値です。特にフォートナイト、APEX、レインボーシックス、PUBG、ヴァロラント辺りの数値を優先的に反映しています

RTX 3080RTX 3090と比較して、OC版の影響もあってかFPSの出方はフルHD解像度ではそこまで変わらなかった印象があります。
しかし、4Kまで解像度を上げると3090との差が大きくなりました。
フルHD解像度はプロが最も使用する中~低の品質でプレイしていますが、RTX 3090RTX 3080では300FPS以上出せるシーンが多く、性能面の高さを実感する事ができます。RTX 2080TiRTX 3080を比較するとフルHD解像度でもFPSの差ははっきりと違いが分かるので性能差を実感する事ができます。

RTX 3080はシェーダー数が8,704と、RTX 2080Tiの2倍以上(2080Tiはシェーダー数が4,352)になっていて性能が上がっているのは当然なのですが、テンサーコアやRTコアの数も増えているので、レイトレーシング性能やDLSS性能も上がっています。中でも特に実用的と感じたのがDLSS性能の方です。RTX 2080Tiと比較した場合には解像度を上げれば上げるほど、FPSの出方でその性能の高さを実感する事ができます。レイトレーシングは重くなることが多いので実用段階にくるまではもうしばらくかかりそうです。

  • シェーダー数
    グラフィックボードの頭脳部分。コア数のこと。
    考え方はCPUコア数と同じです。
  • レイトレーシング
    光線を追跡し、リアルタイムに計算することで、光の反射や屈折、陰影などを表現する機能。この機能を有効にすることで、よりリアリティの増した映像表現ができる。要は、ゲーム空間などで現実のように水やガラスの映り込みや、影などがよりリアルになる機能。その分、GPUの負荷がかかるため、フレームレートが一般的に低下します。RTコアを使用。
  • DLSS(Deep Learning Super Sampling)
    AIを使ったディープラーニングによって、レンダリング(映像表現)にかかる時間を減らし、低負荷で見た目をきれいにする機能。Tensorコアを使用。

ちなみに、3070はRTX 2080Ti相当の性能と言われていますが、VRAMが大容量でフルHDの解像度ではRTX 2080Tiの方が高いFPSが出ました。4Kまで解像度を上げると、DLSSの性能が向上している事もあって3070の方が高い数値が出ました。

以下の実際のゲームでのスコアを確認するとわかるのですが、レイトレーシングを利用した場合は、ただ重くなってしまうなど感じる場合がほとんどです。しかしDLSSでは使用しない場合と比較して実感できるほどの差があります。

今後どんどん実用的になる可能性があり、今後のアップデート次第ではゲームタイトルによってDLSS機能を有効にすることが必須になるといえます。

シェーダー数自体が上がっているので、ゲーム環境がこれからRTX3000シリーズに最適化されていくとより高いFPSが出るようになるでしょう。また最近発売された3060Tiはコスパで考えるととりわけ優秀で2080SとRTX 2080Tiの中間くらいの性能があります。コスパを考えるのであればこちらがおすすめ。とはいえ、RTX 3080の性能も高く入手しやすさと、自分の許容範囲で選択するのが良いでしょう。

RTX3080でフォートナイトをプレイした時のFPS性能

フォートナイト FPS、フルHD解像度、デフォルト品質中、DLSS パフォーマンス設定

フォートナイトでもFPSの出方です。通常時に大きな差はありませんが、高負荷がかかったタイミングでRTX 3080は、RTX 2080Tiより20-30FPSほど、明らかに高い数値になっています。

フォートナイトはDLSSとレイトレーシングが2020年9月から利用できるようになりましたが、レイトレーシングを利用すると重くなるだけで、FPSがでにくくなるだけ。DLSSはフルHDでも実感できる程度にはFPSが向上しました。今後のさらなるアップデートで実用的になるように期待しています。

フォートナイト FPS、4K解像度、デフォルト品質最高、DLSS パフォーマンス設定

4K解像度になってくるとDLSSの影響が大きくなってきます。風景が広がり、負荷がかかるシーンでは、RTX 3080RTX 2080Tiとの性能差が広がります。おおよそ、30-50FPSほどRTX 3080のほうが高くなります。負荷がかからないシーンでも差が実感でき、常時20-30FPSほどの違いがありました。

4KではDLSSを利用した場合としない場合では、40-60FPSほどの差がRTX 3080で生まれるため、解像度が上がると実用的と言えますね。

RTX 3090RTX 3080の性能差はそこまで感じなかったです。

RTX3080でAPEX Legendsをプレイした時のFPS性能

APEX FPS、フルHD解像度、品質中に近い設定

APEXの中設定でもフォートナイトと同じでRTX 2080Tiに対して最大で40-50FPSほど高い数値になりました。フルHDでは性能差が出にくいのは他と変わりませんね。RTX 3080はほぼMAXのフレームレートに張り付いているので、RTX 2080Tiとの性能差があることは間違いありません。

APEX FPS、4K解像度、品質最高に近い設定

APEXの4K最高解像度は重く、FPSは出にくいですがそれでもRTX 3080は、130FPS前後の数値は出ました。最低でも100FPSを割ることはありません。RTX 2080Tiと比較しても、20-30FPSほど、高いフレームレートであるといえます。こちらでもDLSSが効いていた印象。

RTX3080のレインボーシックスのFPS性能

レインボーシックス FPS、フルHD解像度、デフォルト品質中設定

レインボーシックスは最近、軽量化されており、昔ほどは重たくなくなりました。450FPSほどの数値が出ていますが、RTX 2080Tiもほぼ同じくらいの数値なので、この解像度ではそこまで差が出ません。標準的な設定では、RTX 2080Tiでも十分な性能は持ち合わせていると言えますね。

レインボーシックス FPS、4K解像度、デフォルト品質最高設定

4Kの解像度になるとFPSの差が大きくなります。RTX 3080RTX 2080Tiと最大で50FPSほど違うので性能差があるといえますね。
レインボーシックスでは4Kにすることで大きな性能差を実感することができるでしょう。

RTX3080のFF14, FF15ベンチマーク,スコア

  • 計測環境はマザーボードASRock SL Z490
  • CPUはCorei9 10900K
  • メモリGSKILL OCモデル2933MHz。保証帯域の最大値に設定
  • 解像度はフルHDと4K、画質は最高設定
  • 実際に実機を使って日本国内の電圧で検証しています。出所の分からない創作ベンチマークやコピペではありません。動画で一部実検証を公開中
型番 スコア
RTX 3090
フルHD:24500
4K:15700
RTX 3080OC版
フルHD:24100
4K:15200
RTX 3070OC版
フルHD:20000
4K:11000
RTX 2080TiOC版
フルHD:21000
4K:11200
RTX 2080S
フルHD:19000
4K:9700
RTX 2080
フルHD:18700
4K:8800
RTX 2070S
フルHD:18500
4K:8500
RTX 2060S
フルHD:18100
4K:6700
RTX 2060
フルHD:17500
4K:6400
RX 5600XT
フルHD:16400
4K:5800
GTX 1660Ti
フルHD:16100
4K:5200
GTX 1660S
フルHD:16000
4K:5000
GTX 1660OC版
フルHD:14000
4K:4300
RX 5500XT
フルHD:12500
4K:3800
RX 570
フルHD:9600
4K:3000
GTX 1650(DR6)
フルHD:9200
4K:2700
RX 560
フルHD:5300
4K:1550

FF14ベンチでの検証結果です。こちらは4KとフルHD共に最高設定にして検証しています。
まず、フルHDから。スコアはRTX 3080が27,547とかなり高い数値を出していますが、RTX 2080Tiも27,359とさほど大きな差はありません。3090のスコアともほぼ変わりませんね。

4Kの標準品質まで解像度まで上げて検証してみます。RTX 3080はスコアは21,745。対してRTX 2080Tiは19,233とその差は2,500。その差は大きくなりましたが、軽いベンチマークではあまり差のつく印象はありません。4Kまで上げることでやっとその性能の高さを実感することができます。

対してFF15ベンチでの検証結果です。こちらは標準品質、フルHD設定で検証しています。結果は、RTX 3080が17,853、2080Tiが16,822と約1,000ほどのスコア差があります。フルHDとはいえ、FF14と比べると少々差が出ている印象です。

RTX3080でFF14ベンチを回したときの消費電力

試しに450w電源でベンチマークを回したところ、実行時に落ちました。550wを超えると少々厳しい印象です。小さいケースでは、小さな容量の小さな電源(Flex-ATXやTFX電源のような商品)しかいれることができない場合があります。SFX電源を最低でも確保したいところです。

電源容量は、商品にもよりますが最低でも600w, 750w以上を選ぶのが無難です。

消費電力は公称値でRTX 3080RTX 2080Tiでは、70wほど差が出ているのですが、今回の環境下では40-70wほどRTX 3080のほうが消費電力が高いという検証結果が出ました。こちらは以下の電源の項目で改めて詳しく説明します。

RTX3080のクリエイティブ, レンダリング性能

Geekbench 5の検証結果

Geekbench5の検証結果は、主にOpenGLに関する検証です。
先程のベンチ結果とは変わって、RTX 3080のほうがスコアが45,000ほどスコアが高いことがわかります。細かい項目でも差をつけてRTX 3080のほうが性能が良いという結果です。

RTX3080の3DMARKベンチマーク:TimeSpy

  • 計測環境はマザーボードASRock SL Z490、CPUはCorei9 10900K、メモリGSKILL OCモデル 2933MHz固定通常4K
  • 3Dマークとは3Dのゲーム環境性能を計測するベンチマークで最も使われている。DLSSの計測やレイトレのポートロイヤルなど汎用性も高い。
  • TimeSpy通常版が2K、エクストリームが4Kの解像度です。設定は全てデフォルトに合わせています。値は四捨五入で表記。
  • 実際に実機を使って日本国内の電圧で検証しています。出所の分からない創作ベンチマークやコピペではありません。動画で一部実検証を公開中
型番 スコア
RTX 3090
通常:17700
4K:8900
RTX 3080OC版
通常:16900
4K:8400
RTX 3070OC版
通常:13700
4K:6800
RTX 2080TiOC版
通常:14100
4K:6600
RTX 2080S
通常:12000
4K:5700
RTX 2080
通常:11500
4K:5500
RTX 2070S
通常:10900
4K:5100
RTX 2060S
通常:9100
4K:4600
RTX 2060
通常:8300
4K:4100
GTX 1660Ti
通常:7100
4K:3400
GTX 1660S
通常:7000
4K:3300
GTX 1660OC版
通常:6200
4K:3000
RX 5500XT
通常:5400
4K:2500
RX 570
通常:4300
4K:2100
GTX 1650(DR6)
通常:3800
4K:1900
RX 560
通常:2300
4K:1100

3Dでのゲーム性能を検証する3DMARKでの検証結果です。Time Spyは重めのベンチマークです。概ね今までの検証結果とそこまで変わりません。

RTX 3080RTX 2080Tiと比較してもFPSでは20-30, スコアは約3,000の差がついています。確かな性能差があると言えますね。

4K解像度になってくると数値3000番台の新型GPUが強く、フルHD解像度の時と比較してもRTX 2080Tiより高い数値が出ています。今回の3000番台の特徴としては4Kでもそこそこ満足にゲームがプレイできるという事でしたがDLSSも含めて高性能化していると言えます。

なお、RTX 3090はフルHD解像度で17000を超える数値で今までのGPUでここまで高いスコアを出せるモデルは無かったので3000番台ハイエンドの性能の高さが分かります。

RTX3080のレイトレーシング(レイトレ)ベンチマーク性能

  • 計測環境はマザーボードASRock SL Z490、CPUはCorei9 10900K、メモリGSKILL OCモデル 2933MHzに固定。
  • ポートロイヤルはレイトレーシングの計測する専用に開発されたベンチマークソフトです。
  • 解像度はデフォルトの2K。値は四捨五入で表記。
  • 実際に実機を使って日本国内の電圧で検証しています。出所の分からない創作ベンチマークやコピペではありません。動画で一部実検証を公開中

RTX 3080のスコアは11,500。対して2080Tiは8,909と2,600ほど高い数値が出ています。レイトレーシングの機能が、RTX 2080Tiより進化していると言えるでしょう。「ゲーム性能」の項目でお話したとおりですね。

なお、RTX 3090のポートロイヤルのスコアは12,000を超えており、3080を大きく引き離しています。RTコア自体の個数が増えているので、根本的な性能が改善されています。レイトレ自体はまだそこまで実用的ではないのでおまけ程度に考えておくと良いでしょう。

RTX3080のDLSSベンチマーク性能

  • 計測環境はマザーボードASRock SL Z490、CPUはCorei9 10900K、メモリGSKILL OCモデル 2933MHzに固定。
  • 3DMARKに入っているDLSS feature testはDLSSの性能計測専用に開発されたベンチマークソフトです。
  • 解像度はデフォルトの2K。値は四捨五入で表記。
  • 実際に実機を使って日本国内の電圧で検証しています。出所の分からない創作ベンチマークやコピペではありません。動画で一部実検証を公開中

3DMARK DLSSテストベンチマーク DLSS 2.0 2K解像度

型番 スコア
RTX 3090
ON:125.52FPS
OFF:57.64FPS
RTX 3080OC版
ON:120.16FPS
OFF:53.48FPS
RTX 3070OC版
ON:94.31FPS
OFF:38.76FPS
RTX 2080TiOC版
ON:93.87FPS
OFF:41.18FPS

3DMARKでのDLSSの検証結果です。RTX 3080RTX 2080Ti対して大きく差を付けており、実際のゲームでもその性能差を実感することができます。30FPSほど数値が上がっているので、実質的な性能の壁はこのラインにあると言えます。テンサーコア、RTコアの個数自体が増えているので、このように性能が上がっています。

レイトレーシングと比較して、DLSSは実用性が高く役立つことがあるので、ここまでFPS差があるのであれば、有効な機能と言えるでしょう。

なおRTX 3090RTX 3080を比較するとそこまで大きな差はないと言えるので、その部分を価格感と比較して、許容できるかどうかだと考えられます。

3DMARK DLSSテストベンチマーク DLSS 2.0 4K解像度

型番 スコア
RTX 3090
ON:72.16FPS
OFF:27.98FPS
RTX 3080OC版
ON:67.56FPS
OFF:26.62FPS
RTX 3070OC版
ON:52.39FPS
OFF:18.03FPS
RTX 2080TiOC版
ON:51.23FPS
OFF:20.77FPS

先程の検証結果の4Kバージョンです。FPSの数値は出にくくなっていますが、RTX 3080は若干落ちますが、3090とほぼ同じような数値。RTX 2080Tiになると一気にそこから20FPSほど下がります。4KのDLSS性能はこの辺りに差があると言えます。

DLSSのON, OFFでこれだけの性能差があるので、使わない理由はないと思われます。

RTX3080のVRベンチマーク性能

RTX3080、低負荷VR Mark Orange Roomでのスコア

比較的負荷が軽いオレンジルームでの検証結果です。負荷が軽すぎるのでベンチマークにはほとんど差が無く横ばいです。
VRでもRTX 2080Tiで十分な性能は持ち合わせているとも言えます。

RTX3080の高負荷VR Mark Blue Roomでのスコア

こちらは負荷が大きくなるブルールームでの検証結果です。ここまで負荷を上げると数値の差がはっきりと出るようになります。RTX 3080が5600程。RTX 2080Tiはそこから一気に下がって4700なので、VRでの性能差がはっきりと出ています。フレームレート平均も20FPSほど差があります。高負荷のVR環境では大きく差が出ますね。

RTX3080の消費電力、推奨電源

 

  • CPUはIntel Corei9 10900Kを使用。マザーボードはASRock Z490 SL。
  • メモリGSKILL OCモデルIntel2933MHz固定。保証帯域の最大値に設定
  • GPUに100%負荷がかかった状態の消費電力、3DMARKの冒頭部分の平均消費電力で計測。
  • Windows 待機画面の消費電力、30秒の平均消費電力で計測。
  • 実際に実機を使って日本国内の電圧で検証しています。出所の分からない創作ベンチマークやコピペではありません。動画で一部実検証を公開中
型番 スコア
RTX 3090
負荷時:511W
待機時:41W
RTX 3080OC版
負荷時:497W
待機時:41W
RTX 3070OC版
負荷時:380W
待機時:40W
RTX 2080TiOC版
負荷時:403W
待機時:37W
RTX 2080S
負荷時:396W
待機時:41W
RTX 2080
負荷時:351W
待機時:39W
RTX 2070S
負荷時:347W
待機時:40W
RX 5700XTOC版
負荷時:335W
待機時:42W
RTX 2070OC版
負荷時:321W
待機時:38W
RX 5600XT
負荷時:265W
待機時:38W
RTX 2060S
負荷時:281W
待機時:39W
RTX 2060
負荷時:270W
待機時:40W
GTX 1660Ti
負荷時:222W
待機時:39W
GTX 1660S
負荷時:225W
待機時:39W
GTX 1660OC版
負荷時:220W
待機時:38W
RX 5500XT
負荷時:228W
待機時:40W
RX 570
負荷時:240W
待機時:41W
GTX 1650(DR6)
負荷時:167W
待機時:38W
RX 560
負荷時:170W
待機時:40W

GPUの消費電力で、3DMARK冒頭部分のGPUに100%負荷がかかった状態で計測しています。3080の消費電力は大きく、負荷時にはほぼ500Wの電力消費。RTX 2080Tiや3070はそこまで大きな消費電力にはならず、大体400W前後と言った所。

450Wブロンズの電源で試してみると、RTX 3090RTX 3080では落ちました。対して3070やRTX 2080Tiではギリギリ落ちなかったので、3000番台のハイエンドは性能も上がっていますが、その分ある程度の消費電力は必要となってきます。750Wゴールドの電源で検証してみると、全てのGPUで落ちる事はありませんでした。
RTX 3090RTX 3080は750Wクラスの電源が推奨されているので、電源は大きな容量の物を入れて置くのが無難です。3070やRTX 2080Tiは500Wくらいの電源でもいけなくはないですが、こちらもある程度容量がある750Wクラスの電源を推奨します。

実際、電源の変換効率を考えると、大容量のほうが電源の性能をいっぱいいっぱいに使いませんので、結果的に長持ちします。
電源ユニットの故障は、他のパーツを巻き込んでの故障にも繋がりやすく、可能であれば良い商品を揃えたいです。

写真一番下は、Windows待機状態の消費電力状態です。さほど差はありませんが、RTX 3080のほうが、5wほど高い結果が出ています。

RTX3080の騒音

騒音はGPUの負荷率が100%の時に計っていますが、大体60デシベル前後くらいの大きさです。

近い大きさの例で言うとエアコンの出口付近の音量と大体同じくらいです。3連ファンの音量は2連ファンとはそこまで変わらず、メーカー間でもあまり変わらないです。
静音性の高いケースに収めると気にならないでしょう。Fractal DesignのDefineR7シリーズや、AntecのP7辺りが対象になりそうです。
静音ケースは構造上、発行するパーツを選んで光らせても確認しづらいので、そこが勿体ない部分です。激しいゲームやハードウェアコーディングなど行わない限り負荷が100%になることはあまりないかも知れませんが、ヘッドホンなどでシャットアウトするには大きい音ですので、静音ケース以外を選ぶときには全体を勘案し、考えたほうが良いかも知れませんね。

RTX3080の価格

RTX3080の店頭販売価格

こちらは発売当日の平均価格です。並んで買えたお店もあったようです。値段は11万円前後のモデルが多く、RTX20シリーズの発売時に比べれば遥かに良心的な価格設定です。しかし、海外と比較すると2-3万円ほど高くなっています。

750$程度(約7.8万円)で海外で発売されているMSI-TRIOなどは国内価格は11万円程度と、価格差があるように感じます。

支払いページに進むと、PayPalやクレジットカードで簡単に決済できる様子で、配送料が約40ドルと、商品によりますが2-3万円は安く買えそうです。EVGA製のグラフィックボードは、国内でも保証が効くのであえて海外から買うという選択肢もあります。

安く買う方法が、少し待つということ。
2080superが699ドルとRTX 3080の初動価格と一緒のため、参考に価格の推移表を記載します。

2080superはRTX 3080の一個前のモデルです。このグラフを見る限りでは、だいたい3ヶ月後辺りから価格が落ちてくるようです。とはいえ、年末商戦やAMDのRX6800XTなどの影響を受け、値動きは激しくなりそうです。

事実、執筆時点(2021/01/26)では値下がりするどころか、商品によってはかえって値上がりしています。

RTX3080など既存GPUと比較した時の価格とコスパ

RTX 3080RTX 3090を比較した場合はOC版かどうかにもよりますが、専ら、ハイエンドの最高峰の環境で構成したい人向けと言えます。ゲームだけのコスパに限って言うと3080OCの方が断然コスパは高いでしょう。しかしながらゲームのプロなど最高峰の環境でできるだけ勝率を上げたい、動画編集でシェーダー数やVRAMが大きい方が良いなどトッププロの環境で構成する場合RTX3090のOC版が現時点での最高のGPUです。

価格は、実際のところ一番安くなるのは新商品発売前。それ以降は、メーカー設定基準価格よりも安くなることはほとんどありません。

上でもちょっと触れました、Radeon RX6800XTはレイトレーシングには対応するものの、RTX3080で非常に好評のDLSSには非対応なんですよね。
入手性も考慮すると、ゲーム目的で購入するには、結局の所RTX 3080が現時点の最適解と考えてます。

ちなみに、一世代前のモデル、RTX 2080Tiの長期保証モデルはオークションサイトやフリマサイトに出品されている例があるんですよね。中古品であることを気にしないのであれば、そのようなサイトを使ってみることも一つ方法です。とはいえ、選択肢に3070もあるので、よく考えて自分にあった商品を選びたいですね。

RTX3080おすすめ機種

RTX 3080は同じ機種の中でもメーカー間で差が分かれます。基本的にはOC版を購入しましょう。OC版と通常版ではパフォーマンスに大きな差がでます。特に風景が広がったり、プレイヤーが複数同画面内に存在する負荷がかかるような場面では10~20FPS程変わる事も多いです。更に突っ込んだ話をするとRTX 3090の通常版とRTX 3080OC版ではシーンによってはRTX 3080OC版の方が高いFPSになる事も多々あります。

また前述の通りどのメーカのRTX 3080もサイズが大きくなっているのでケースのサイズやメモリ、CPUクーラーに干渉しないかなど、十分に注意が必要です。動画を参考にして下さい。

メーカーはASUS,MSI,Gigaの物が人気で品薄状態です。その中でも特にオススメの物をピックアップしています。GPUは中国の春節やマイニングなどの需要で品薄になったり、新機種が発売されるなど時期によっては大きく値下がりします。タイミングを見計らって市場に潤沢に流通している時期に購入しましょう。

自作PCにおけるRTX3080

自作PCでコスパに限って言うと、RTX 3090よりもRTX 3080の方が良いですが、ハイエンド環境を求めるのであればRTX3090一択。
そこまでの環境を求めないのであれば、3080で良いでしょう。SLIなど、拡張機能を求めるのであれば3090が良いです。
OC版と通常版があるのでOCと書かれた物の方が性能が高いので、そちらを購入しましょう。

3080は、3090同様にプロのゲーマーやクリエイター向けで、前述の通りFPS系のゲームでは高いフレームレートを維持することができます。フルHD解像度の中位程度のそこそこの品質でゲームをプレイした場合は300FPS以上の数値を安定して出す事が可能。クリエイティブ用途であればPremiere Proのハードウェアエンコーディング、及び大きな解像度でのプレビュー画面などVRAMの使用量が多いような所でも活躍してくれます。ただし、クリエイティブ用途であると、USBの増設用パーツや、サウンドカードなどを接続していたり、PCIE接続のSSDを利用している場合などもあることでしょう。正直、3ポートを潰すサイズ感ですので、それら拡張ボードたちは、場合によって外す必要性も出てくると思います。ライザーケーブルで接続する方法もありますが、こちらも相性がありますので、調べて購入する必要あり。
とはいえ、これだけの性能があると、動画編集でも役立ちますので、お買い得感のある商品ですね。ちなみに、仮想通貨のマイニングにも使えます。

ただし、国内の金額は海外と比較すると少々高めであること、また仮想通貨の値上がりでマイニング需要が再度上昇すると、入手性に難が出る可能性もあるでしょう。

とりわけ人気が高いのがASUS、MSI、GIGABYTEのモデルで冷却構造もしっかりしています。この辺りで自作PCを組むのがオススメ!