Amazon87時間限定セール開催中!増税前ラスト👉

Radeon RX 5700XT,5700性能ベンチマーク比較!新作GPU

本日発売されました。上位モデルが4.9~5.3万円。下位モデルは4.2万円前後。お店ではかなり余っていた印象なので、普通に買えるのではないでしょうか。

Ryzenの新作CPUが発表され、同時にマザーボードやGPUの情報も解禁されました。基本的にZen2のRyzen3000番台のCPUがメインになっていますが、X570という新作マザーボードとGPU5700シリーズを組み合わせることでPCI4という新たな技術を使う事ができます。これは従来のPCI3よりも高性能な伝達システムになっており、GPUCPU間のボトルネックを解消してくれます。

難しい言葉を使わずに解説していますが、要するに新作のRYZENの全てのパーツを揃えれば、PCI4という新しい機能を解放できます。という商売上手な話しです。また、今回のGPUは省電力がアピールされており、従来と同じ消費電力で50%近く性能が向上したそうです。

実際の性能は海外リークなどの情報で、何をするかにもよりますが、RTX2060前後の性能と言われており、RTX 2070には負けるかなといった捉えられ方をされているようです。公式のAMDの発表では57004万円前後でRTX2060よりも高性能、5700XT4.7万円前後でRTX 2070よりも高性能との事でした。オープン価格でこれだけ安く設定されているので、しばらくするとかなり安くなりそうですRTX2060でも5万円がOP価格だったので、同性能で4万円前後の価格設定なら2~3万円台の価格になってくればRX470のように相当コスパが高いGPUとなるでしょう。

Radeonの安価帯のRX470辺りは8Gで1万円前後で買えるので、この辺りは恐ろしいコスパなのですが、上位のRTXシリーズに対抗してくるAMDは流石というか、IntelにもNVIDIAにも挑んでいく姿勢が素敵ですね。おかげで三年前より自作PCが60%くらい安い価格で作れるようになりました。

またここにきてRX 570050周年モデルも発売されるようで、上位のXTよりもさらにベースクロックが高くなっているようです。これは日本に入荷するかは分からないですが、金色と黒で非常に美しいデザインです。

今回のGPUはそこまで話題性がある訳ではないので、CPUほど入手難易度は高くないと予想されます。

AMD Radeon RX 5700,5700XTの性能比較

グラボ Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Radeon RX 5700 XT Radeon RX 5700
GPU 型番 7nm Navi (RDNA 1st Gen) 7nm Navi (RDNA 1st Gen) 7nm Navi (RDNA 1st Gen)
プロセッサー 2560 SPs 2560 SPs 2304 SPs
TMUs / ROPs 160 / 64 160 / 64 144 / 64
ベースクロック 1680 MHz 1605 MHz 1465 MHz
ブーストクロック 1980 MHz 1905 MHz 1725 MHz
メモリ 8 GB GDDR6 8 GB GDDR6 8 GB GDDR6
消費電力 235W 225W 180W
価格 $499 US $449 US $379 US
発売日 2019 7/7 2019 7/7 2019 7/7

AMD Radeon RX 5700

こちらが一番オーソドックスなモデルのRX5700です。4万円前後でRTX2060よりも高性能とアナウンスされており、何をするかにもよりますが10%~20%程度性能が上という事です。自作PCにおけるコスパをかなり上げてくれそうなGPUです。

AMD Radeon RX 5700XT

こちらは5700XTで先程のモデルの上位バージョンになります。主にクロック性能が上がっており、4.7万円前後でRTX 2070より性能が10~20%ほど高いと発表されています。どうせ買うならこちらを買いたいですね。

Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary

こちらが50周年限定モデルです。かなりカッコいいデザインでベースクロックが上位版の5700XTよりも更に高くなっています。この辺りはRTX 2070と良い勝負をしそうな気がします。

自作PCのAMD Radeon RX 5700,5700XTと構成最新プラン

自作PCに5700シリーズを導入するのは、価格が落ち着いてくるまで待った方が良いです。現在Radeonの新作の影響でGPUもかなり値段が下がってきています。RTX2060が3.6~3.9万円くらいの価格帯まで下がってきており、これを入れるのが現状で一番コスパが良いです。ただ新作の5700も公式の価格設定が4万円前後なので、ここから大きく下がってくる可能性が高いです。RTX2060がオープン価格で5万円以上して、今3万円台の現状を踏まえると、2万円台まで下がる可能性が高いので、そのくらいの価格帯になってくればかなりコスパが高いGPUになってくるでしょう。

ただ、今回の3000番台でがっつりと自作PCを作りたい場合はPCI4の技術を使いたくなってくるのでX570のマザーボードと合わせて買ってしまうのも全然ありかと思います。勿論旧型のマザーボードX470,B450辺りともCPUは互換性があるので、PCI4は使えないですが、旧型で構成するとB450辺りのマザーボードは9000円で購入できるのでコスパはかなり高いです。

GPUの旧型マザーボードとの互換性は未だ発表されていないですが、いつ通りの流れなら旧式のX470,B450辺りとも互換性はあるはずです。

X570マザーボードPCIe 4.0 ASUS ASRock MSIの性能,おすすめ
関連記事
  1. 自作PC予算別まとめ20選!見積もり,作り方,組み立てをプロが解説…https://artjuku.com/pc-make/
  2. CPU性能比較と選び方…https://artjuku.com/cpu/
  3. AMDの性能比較と選び方https://artjuku.com/amd-ryzen/
  4. GPU性能比較と選び方…https://artjuku.com/gpu/
  5. マザーボード性能比較と選び方…https://artjuku.com/board/
  6. SSD性能比較と選び方…https://artjuku.com/ssd/
  7. モニタ,ディスプレイ選び方…https://artjuku.com/monitor/
  8. PCメモリ性能比較と選び方…https://artjuku.com/memory/
  9. CPUクーラー性能比較と選び方…https://artjuku.com/cooler/
  10. PCケース性能比較と選び方…https://artjuku.com/case/
  11. 電源ユニット性能比較と選び方…https://artjuku.com/unit/
自作PC予算別まとめ20選!見積もり,作り方,組み立てをプロが解説おすすめCPU性能比較,ベンチマーク2019年最新版AMD Ryzen プロセッサー人気ランキング!2019年最新版GPU(グラフィックボード,ビデオカード)性能比較,ベンチマーク,おすすめ2019年版マザーボードおすすめ,性能比較と選び方!2019年版SSDおすすめ比較と価格,使い方!2019年最新版PCモニター,ディスプレイおすすめ価格,比較,選び方|2019年最新版PCメモリーおすすめ!増設,価格,選び方,DDR4,DDR3比較|2019年最新版CPUクーラーおすすめと性能比較!2019年最新版PCケースおすすめ,性能比較!2019年最新版PC電源おすすめ,性能比較!選び方のコツ2019年最新版