Photoshopを詳しく解説!プロの定義とは?











主にフォトショが主に使われている現場

・Webや広告などのデザインの現場
・写真撮影の現場
・実写やCGやアニメーションなどの映像制作現場など。

デッサン力をデジタルに変換するツール

PhotoshopはカメラマンからデザイナーまでAdobeソフトの中では最も幅広く使われているソフトである。美術系の仕事に就くならば必須と言われているのがこのソフトである。

良く習うより慣れろと言われたソフトで、そんなに難しく考えずに手を動かしていると自然と身についてくる。Photoshopにおける技術力の差は写真やデザイン、コラージュ等何をするかによるため分かり辛いように見えるが実は明確に存在している。それはデッサン力だ。細かく説明すると明度対比、粗密のバランス、光の捉え方、構図などの事

現場で使われているフォトショップは実はPhotoshopでありPhotoshopでは無い。その人のデッサン力をデジタルに置き換えるツールなのである。デッサン力のある人間が使うPhotoshopとそうでないのとではどうしても差が出てしまう。特に構図や粗密等の構成力。つまりそこがプロとその他の線引きなので、デッサン力を省いた上で真の実力は身につかない。と言いたい所ではあるがそれでは当サイトの意味が無い。

実は、デッサンの修行を省いてた上で最も効率的に実力を伸ばす方法は、上手い作品の真似をする事である。気に入った参考集やポスターの配置や色合わせを真似て上手く作れば案外ごまかせる事もある。要点を絞って効率よく上達していきましょう。

【プロ直伝】Photoshopの使い方と最短上達の方法!初心者むけ写真加工

2018.12.08













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。