Photoshopレイヤースタイルの追加と設定,適用方法











Photoshopのレイヤースタイルのインストールとダウンロードについて解説していきます。レイヤースタイルは作業効率を上げてくれる機能の一つで、フォトショップに慣れてくると使う頻度が増えます。無料の素材も数多くあり、自分好みにカスタマイズできる所も魅力的な機能です。

ダウンロードからインストールまで

・asl形式
・ps形式

1、まずサイトからダウンロードしたデータを解凍します。zip形式で配布されているケースが多いです。ファイルを展開すると、多くはaslという形式のデータかps形式の物が入っています。これをWindowsかMacのそれぞれの所定の場所にインストールしていきます。
Windows…Program Files→Adobe→Adobe Photoshop CC→Presets→Styles ここにドラッグ&ドロップ
Mac…アプリケーション→Adobe→Adobe Photoshop CC→Presets→Styles ここにドラッグ&ドロップ
2、ここから追加したレイヤースタイルをフォントや画像に適用していきます。今回は最も使うフォントに適用していきます。右クリックからレイヤー効果を選択。3、一番上のスタイルを選択4、ここでレイヤースタイルの小さなタイルのアイコンを選択してOKを押すとテキストにレイヤースタイルが反映されます。テキストの下の効果タブに自動で数多くのカスタマイズされたデザインが適用されました。一瞬で劇的な変化を作ることが出来るので、作業効率がかなり上がります。プロのデザイナーはフリーのレイヤースタイルや自らデザインしカスタマイズしたストックを使う事が多いです。

レイヤースタイルを保存する方法

レイヤースタイルは保存することができます。ここではダウンロードしたフリーのレイヤースタイルにフォトショップ形式の物もあり、それを保存する方法と同じなので合わせて解説します。

1、まず開いたフォトショップ形式のデータの文字レイヤーの上で右クリックし、レイヤー効果を選択。2、スタイルから新規スタイルを選択。左側のレイヤー効果に保存するレイヤースタイルの元となるデータが読み込まれている訳です(ダウンロードデータから)3、新規スタイルの保存画面で効果やオプション全てのタブにチェックが入っているかを確認してOKを押せば、新たなレイヤースタイルのテンプレートの制作は完了です。4、一番下の新たなレイヤースタイルが追加されています。これをクリックして文字レイヤーに適用してみましょう。5、先程保存したレイヤースタイルの効果が文字に適用されました。効果の部分にレイヤースタイルのカスタマイズされたレイヤー効果が反映されています。

まとめ

レイヤースタイルは非常に便利で作業の効率を上げてくれる機能です。保存する方法は少々慣れが必要ですが、一度保存したレイヤースタイルはテンプレートのように永遠に使えるので心強い機能です。プロや中級者で重宝している人は多く、現場でも頻繁に使う機能の一つです。フリーでダウンロードしたテンプレートで気に入ったものはレイヤー効果を改良し、より自分好みにカスタマイズして使うと良いです。まずはフリーものをダウンロードして慣れていきましょう。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。