初級編1 初心者にやさしいPhotoshopの使い方:はじめての使い方まとめ











更新:CC2017最新版

Photoshop(フォトショップ)とは、アドビ社が販売をしている写真編集をメインとしたとした有料の画像加工ソフトの事である。昔はパッケージで購入できたが現在ではクラウド制になっており、月々980円から利用できる。

利用するには、まずAdobe社が提供するPhotoshopのライセンス契約を行う必要がある。契約は学生、法人契約、年間でそれぞれ異なるので、自分にあったものを選ぶと良い。
無料体験版が1ヶ月使えるので、最初はここから始めるのを薦める。

Adobe Photoshop CC:https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

 


Photoshopが使われる現場

フォトショップはほぼ全ての美術の現場で使われています。代表的なものを上げると、広告やジャケット等のデザイン業界、映画やテレビのアニメ制作業界、写真業界、CMやMVなどの動画制作業界、3DCG業界など。

 

Photoshopでどんな事ができるの?

ずばり写真の加工! ※以下↓大まかな例

 

このように画像の明るさやコントラストを変えたりする事ができる。

このように画像を切り抜いたり、離して設置する事ができる。

 


インストールから画面の設定まで

1、まず、ここからインストールする。

Adobe Photoshop CC:https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

インストールが完了したらPhotoshopを立ち上げる。

 

2、ファイルをクリックして新規をクリックする。

 

 


2、このような画面が出てくるので幅と高さを適当に画像のように設定し、作成をクリックする。

 


3、レイヤ画面が出ているはずなので、赤い枠のマークをクリックしてレイヤーを配置する。これで下準備は完了。

※表示されていない場合はウィンドウからレイヤーをクリック。

 














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。