GeForce(GTXシリーズ)とQuadroの違いを比較。CGやAdobeソフトとグラフィックボードの互換性

一般的に高性能なパソコンはデスクトップ、ノートパソコンと限らずグラフィックボードというパーツが搭載されている。有名なマウスコンピューターやドスパラで売っているPCも、これが搭載されており、グラフィック性能が求められるような使い方をする場合、CPU内蔵グラフィックスではパワー不足なので、グラフィックボードで補う。

結論から言うとGeForceでも快適に動作するので、金欠の人はGTX(RTXも含む)シリーズを入れておけば問題ない。オススメは最新機種のRadeon 5700XTで、かなりコスパが高く高性能。標準的な物でおすすめなのがGTX1660。安価帯ならRX 570RX 470辺り。グラボメモリが6G〜8Gの物が必須条件。雑誌、CGworldの最近のクリエーターPCのインタビューを見てみると、GeForce(最近はRTXが上互換)を使っている職場環境、若しくは個人のクリエーターの方がQuadroに比べて多いという結果が出ている。

GPU(グラフィックボード,ビデオカード)性能比較,ベンチマーク,おすすめ2019年版
MSI Radeon RX 470 Armor
¥11,800 (2019/08/18 12:01:39時点 Amazon調べ-詳細)
多少金銭的な余裕がある人は上位のクアドロを入れるのも手ですが、今の時代でそれはコスパがあまり良くないです。またクアドロはエントリーモデルでも結構価格が高く、最低でもミドルクラスの物を入れないと動作が鈍くなってくるので(特にAE,Pr,MAYA,C4dの重いデータ編集時)それならGTX(RTXも含む)の上の方が全然良いという感覚。実際に両方使ってみてそのように感じた
筆者はGTX1080RTX 2060を使っている。

自作PC予算別まとめ20選!見積もり,作り方,組み立てをプロが解説GPU(グラフィックボード,ビデオカード)性能比較,ベンチマーク,おすすめ2019年版


グラフィックボードで代表的なNVIDIAの2モデル!

一般的にはNVIDIAとAMDがグラフィックボード開発会社の大手と言われている。シェアで言えばNVIDIAが圧倒している。どこかの資料では、NVIDIAがシェアの8割を取っていると書いてあった。そのNVIDIAはいくつかのシリーズのグラフィックボードを開発していて、代表的なのがGeForceシリーズとQuadroシリーズだ。一般的にはGeForceシリーズがゲーム用、Quadroシリーズがクリエイター向けと言われており、この分類は間違っているわけでは無いが、正しくもない。あなたがGeForceQuadroのどっちを選ぶべきか迷っているなら、以下の解説を参考にして欲しい。

GeForceとQuadroの違い

一番大きな違いはどのAPIに最適化されているかである。APIの説明はさておき、GeForceはDirectX用、QuadroはOpenGL用と考えれば間違いない。
ゲームやソフトウェアの動作環境を調ると、必ずDirectXやOpenGLのバージョンが記載されている。
例えばオンラインゲームの動作環境を調べると「DirectX 9.0c および DirextX 11」のような記述がある。このゲームはDirectXで動作しているのが分かる。
一方CGやAdobeソフトはOpenGLとDirectXの両方が書いてある事が多い。GeForceはOpenGLをやや苦手としているので、OpenGLが書いてあったらQuadroを選ぶのが定石とされている。

GeForce=ゲーム、Quadro=クリエイター向けとは限らない

ほとんどのゲームはDirectXだが、たまにOpenGLのものがある。有名なのがマインクラフトだ。マインクラフトはOpenGLなので実はGeForceよりもQuadroのほうがサクサク動く。(マインクラフトは軽いのでGeForceで十分。)

同様にQuadroが必ずしもクリエイター向けとも限らない。例えばMMDだ。MMDは3Dモデリングや3Dアニメーションのツールでクリエイター用途ではあるが、MMDはDirectXなのでGeForceのほうが快適に作業できる。

OpenCLならGeForceのほうがおすすめ

ソフトウェアにはDirectXとOpenGL以外のAPIもある。PhotoshopはOpenCLでフィルターを管理しているので、どちらにも該当しない。

OpenCL用ベンチマークソフトを走らせてみると、GeForceのほうが高いスコアが出るので、OpenCLならGeForceを選んだほうが良い。個人用途ならOpenGL以外は全部GeForceと考えても良い。

GeForceは8bitカラー、Quadroは10bitカラー

もう1つの大きな違いに発色数がある。GeForceは8bitカラーなので約1677万色を表現できる。Quadroは10bitカラーなので約10億6433万色も表現できる。

なので、DTPのように印刷物の制作をしているとグラデーションの綺麗さに明確な差が生じる。表現できる色が少ないGeForceだとどうしてもカクカクした感じになり、制作物の品質の高さへ影響が出る。そのためグラフィックデザイナーなど色表現の重視するプロは必ずQuadroを使っている。

今おすすめのグラフィックボード

2019年8月時点のオススメ
  1. Radeon 5700XT
  2. GTX1660
  3. RX470
  4. RTX2060 SUPER
  5. グラフィックボード最新売れ筋ランキング・性能が一番高いのがRTX 2080TIです。ただこれは4Kのゲーム用なので、入れた所で性能を生かし切れるかは微妙。・コスパが一番高いのがRadeon 5700XTです。標準的な物がGTX1660。できるだけ安くてコスパが良い物で選ぶならRX 570RX 470
    Radeon 5700XTは最新型のGPUで、性能がRTX2070よりも上で値段が49000円とかなりコスパが高い新時代のグラフィックボードです。ゲームは勿論CG制作でもCPUさえしっかりしたものを入れておくと、スムーズに動いてくれます。・できればGPUのメモリ数が6G~8G以上の物を選びましょう。ここが少ないと、CGの動作確認をする時に、ポリゴン数が多い場合フリーズする原因になります。

更に詳しくはこの辺りの記事を参照して下さい。GPU(グラフィックボード,ビデオカード)性能比較,ベンチマーク,おすすめ2019年版

MSI Radeon RX 470 Armor
¥11,800 (2019/08/18 12:01:39時点 Amazon調べ-詳細)

GPUはコスパを意識して最低限の物を入れておけば大丈夫です。映像においてはそこまで重要な部分とは言えません。昨今のグラボの技術成長は異常な程高性能になっており、GTX1080くらいからそれは続いています。

4Kや2Kの3DCGのゲームが普及し、それに追いつくために技術革新が日々続いています。昔のクアドロがと言っていた時代とは何もかもが違います。CGのレンダリング部分の短縮化にはまだまだ時間がかかりそうですが、そこはCPUの部分ですし、Ryzenシリーズの普及やi9の登場により、それでさえかなり進歩しました。

3DCGの物凄く重いゲームを想定して作られたグラボに、AEや3DCG系のソフトのプレビュー描画は朝飯前になっているのです。

関連記事
  1. 自作PCの作り方!予算別10選!…https://artjuku.com/pc-make/
  2. CPU性能比較と選び方…https://artjuku.com/cpu/
  3. GPU性能比較と選び方…https://artjuku.com/gpu/
  4. マザーボード性能比較と選び方…https://artjuku.com/board/
  5. SSD性能比較と選び方…https://artjuku.com/ssd/
  6. モニタ,ディスプレイ選び方…https://artjuku.com/monitor/
  7. PCメモリ性能比較と選び方…https://artjuku.com/memory/
  8. CPUクーラー性能比較と選び方…https://artjuku.com/cooler/
  9. PCケース性能比較と選び方…https://artjuku.com/case/
  10. 電源ユニット性能比較と選び方…https://artjuku.com/unit/
自作PC予算別まとめ20選!見積もり,作り方,組み立てをプロが解説おすすめCPU性能比較,ベンチマーク2019年最新版GPU(グラフィックボード,ビデオカード)性能比較,ベンチマーク,おすすめ2019年版マザーボードおすすめ,性能比較と選び方!2019年版SSDおすすめ比較と価格,使い方!2019年最新版PCモニター,ディスプレイおすすめ価格,比較,選び方|2019年最新版PCメモリーおすすめ!増設,価格,選び方,DDR4,DDR3比較|2019年最新版CPUクーラーおすすめと性能比較!2019年最新版PCケースおすすめ,性能比較!2019年最新版PC電源おすすめ,性能比較!選び方のコツ2019年最新版