CPUクーラーおすすめと性能比較!2019年最新版

cpuクーラーは多くのメーカーが作っていますが、選ぶべきメーカーはある程度決まっています。それは虎徹Cooler Masterです。この二つは群を抜いて歴史が深く、かなりの耐久性があります。
筆者も十数台、これらのクーラーを使っていますが、一回も壊れたことがないです。PCショップなどの現場でもこれらのクーラーが最も使われており、コスパが非常に高いです。

逆に選ぶべきではないクーラーもあります。ピカピカ光ったり、やたらと大きくてメタリックな見た目にこだわっているクーラーです。これらはロマンを追い求める分にはいいですが、メモリースロットを潰したり、GPUやケースにぶつかったりと、百害あって一利なしと言えます。また冷却性能も大して変わらないので、小型の性能が良い物を選びましょう。

自作PC予算別まとめ20選!見積もり,作り方,組み立てをプロが解説

CPUクーラーの機能解説と比較

クーラーの種類は主に三種類あり、サイドフロー、トップ、水冷に分かれます。最も人気が有り、性能が高いのがサイドフロー型で、一番CPUを冷やせます。小さなサイズのケースにはケースに干渉しないようにトップフロー型が良く使われます。水冷は自己満足で使う事が多く、ファンよりも冷えると言いますが、最近は特に変わらないです。初心者やこだわりが無い人は、サイドフロー型の物を選びましょう。現場では主に虎徹Cooler Masterが使われます。

サイドフロー型

  • メリット
    PCケースは通常前から後ろに風が流れます。その真ん中にこのクーラーが入るので、PCケース内の気流の流れに逆らわず、相乗効果になるのでかなりの冷却機能を維持することができます。
  • デメリット
    デメリットはサイドに縦に付けるので、小さなPCケースだと入りきらない所です。しかし、最近は小型の物が販売されたので、それで代用できます。

トップフロー型

  • メリット
    メモリやグラボを冷やすことができ、特に小さなサイズのPCケースに使われることが多いです。Ryzen26002700XはCPUでトップクラスに売れていますが、このトップフロータイプの物が付属してきます。かなり冷えるとの評判なので、付属の物があれば使うべきです。
  • デメリット
    正方形の横幅をダイレクトにマザーボードに付けるので、メモリースロットを潰したり、ヒートシンクに干渉したりする恐れがあります。また、PCケース内の気流の流れが変わってしまうので、グラボに悪影響を与えることもあります。小型のPCを作る場合やCPUの付属品以外ではサイドフロー型にした方が無難です。

水冷型

  • メリット
    ピカピカしてカッコいい。空冷より冷えるという噂がある。
  • デメリット
    水が漏れたら試合終了。ラジエーターを搭載するのでケースを入念に選ぶ必要がある。
関連記事
  1. 自作PCの作り方!予算別10選!…https://artjuku.com/pc-make/
  2. CPU性能比較と選び方…https://artjuku.com/cpu/
  3. GPU性能比較と選び方…https://artjuku.com/gpu/
  4. マザーボード性能比較と選び方…https://artjuku.com/board/
  5. SSD性能比較と選び方…https://artjuku.com/ssd/
  6. モニタ,ディスプレイ選び方…https://artjuku.com/monitor/
  7. PCメモリ性能比較と選び方…https://artjuku.com/memory/
  8. PCケース性能比較と選び方…https://artjuku.com/case/
  9. 電源ユニット性能比較と選び方…https://artjuku.com/unit/
自作PC予算別まとめ20選!見積もり,作り方,組み立てをプロが解説おすすめCPU性能比較,ベンチマーク2019年最新版GPU(グラフィックボード,ビデオカード)性能比較,ベンチマーク,おすすめ2019年版マザーボードおすすめ,性能比較と選び方!2019年版SSDおすすめ比較と価格,使い方!2019年最新版PCモニター,ディスプレイおすすめ価格,比較,選び方|2019年最新版PCメモリーおすすめ!増設,価格,選び方,DDR4,DDR3比較|2019年最新版PCケースおすすめ,性能比較!2019年最新版PC電源おすすめ,性能比較!選び方のコツ2019年最新版